September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« グルメツアー<7月末編> | Main | 屋久島へ!! »

ダークナイト

いや、大絶賛!!! 「ダークナイト

結論からお話するとティムバートン作品に匹敵するくらいよろしい!

ボクはキャットウーマンが出てくる「バットマンフォーエバー」が一番好きだったのですが、それを上回るかもしれない・・・

正直「ゴッサムシティ」っていう美術的な観点からすると未だにティムバートンのが好きなのですが、それを上回る内容です。 前作よりも色々な狂気と心理的葛藤とが混ざってアメコミ・娯楽作品ではないカンジがします。

まずブルースとハービー・デント(検事)、レイチェルとの関係が綱渡り。ブルースはデントの正義感に入れ込み「彼こそゴッサム再建に必要」と認めつつも、元カノであるレイチェルと付き合っている事が気になって仕方ない。(彼女の気を引くため、色んな女と付き合ってみせるところが彼の子供っぽいところだけど。。)

彼らはそんな綱渡りの関係の中で仕事を進めていく・・・

ただそれでもお互いを信頼して守りあっていく姿がカッコイイ!特にデントが中盤にバットマンを守り、最後にはデントを守ろうとするブルース。この無言の信頼関係が美しいのです!

対する敵であるジョーカー、彼にはヒースレジャーが演じているんですが、ちょーそっくり。あの狂気が絶妙だし、話すときの舌なめづりがまた気持ち悪くてよい。(w)

バットマンには予想もしない方法でじわじわと追い込んでいきます。

今回は「選択」 割とどっちを選ぶか?みたいなシーンが多いです。(※こっから先はネタばれ)

デントとレイチェルが捕まった時、ジョーカーは「どっちを助けるか?」という選択を強いるし、また船上のシーンも同様。

犯罪者の乗せた船・一般市民を乗せた船にそれぞれ爆弾を設置し、お互いの起爆スイッチをも渡す。その上で「どちらか一隻を助ける。自分達が助かりたければ、1時間以内にスイッチを押せ」みたいな選択を迫るわけですよ。 もー、お互いの船に乗ってる人間はすごく疑心暗鬼、パニックがよく現れていて最後の彼らの選択は・・・

も~涙涙! 「タイタニック」の船上で最後まで演奏する楽団にちかい感動がありました!!

強い選択をしたものもいれば、弱い選択をしたものもいます。ジョーカー曰く「ちょっと背中を押しただけで落ちていく・・」 

これはすべての事に関してそーかも。仕事でも恋愛でも善悪でも・・自分ですべて決めていると思いかちだけど、意外と違った何気ない一言で足元が揺らぐことがなんと多いことか・・・

クリストファー・ノーランは前作よりずっと素晴らしい作品を作りました!

« グルメツアー<7月末編> | Main | 屋久島へ!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38495/42124482

Listed below are links to weblogs that reference ダークナイト:

« グルメツアー<7月末編> | Main | 屋久島へ!! »