September 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 映画「スーパーエイト」 観ました ~ネタばれあり~ | Main | 珈琲ミル »

Biutiful 感想 ~映画:ビューティフル ~ イニャリトゥ監督最新作

イニャリトゥ監督・ハビエルバルデム主演の「Biutiful」を観てきました。「バベル」のときは全国公開だったのに、単館扱いなのね・・・

まあ、余計な混雑なくていいか・・と思いきや都内だと日比谷はかなりな混雑。相当前に予約しないとNGですね。渋谷はそこそこ余裕ありますが、映画館がかなりしょぼいですので、好みを選択してくださいww

映画の 内容は簡単に。 バルセロナに住む主人公ウスバルは闇の家業に手を染めながらも日々なんとか生きていく2児のパパ。 その中で急に末期がんを先刻されます。  その矢先に闇家業で日々稼ぎながら、元妻とのゴタゴタ、仕事上での過失。。。 

子供たちに愛情を注ぎつつ、仕事上守りたいと思っている人にも全力をもって「生」を与えようとする主人公・・

さてその感想・評論なんですけどね・・・
いや、絶賛です。 「21グラム」とか「愛する人」とか色々ありますが、やっぱりいい映画でした。

ただ残念ながらこの映画の中に まったく救いはありません。 とてもつもなく深い深い絶望・・・
その中でも一生懸命「生」にこだわる主人公。 でもこの日々の苦しい生活の中では自分に関連する人はバタバタ死んでくわけです。。。 この対比がすごくて、「死」があるから「生」がある・・という内容になっています。

群像劇というより主人公ありきです。今回。 ただ主人公にちょっと謎めいた力(死者と交信?)があったり、あったことのない死んだ父・本音を語れる霊媒師が出てきたりとかではありますが、そこまでうるさくはないです。

音楽の使い方(娘と抱きしめあうクライマックスシーンに聞こえる心臓音)、彼しか見えない天井に見える死者??のカット割・・・随所にナイスな演出が光ります。

ただ完全に暗いし、観終わった後に「ずーん」となりますのでこの手の映画が嫌いな人はお勧めしません。わざわざお金払って暗くなりたくない人は辞めといた方が懸命です。
実際にこれでもかーというくらい悲劇が彼を襲います。鬱病の元妻といったりきたり、自分のミスで20人以上の中国人就労者を不慮の事故で亡くしてしまい・・・ 世話をしていたセネガル人不法労働者が警察に捕まり、その家族が路頭に迷います。 

このなんとかやりくりしながら生きていく貧しい日々・・その中でも彼は悪事に手を染めながらなんとか回りを助けていこうとします。・・・がこれがすべてうまくいきません。

がんばってもがんばってもうまくいかない・・・そして自分は幼い子を残して残り2ヶ月の余命。信じられるのは鬱病の元妻? 多国籍の不法労働者の妻?? 

スペイン・バルセロナというとサッカーや芸術的な街並み、バカンスというイメージがありますが、現実では失業率が20%を超え(20・30代は40%とも言われる)その現実が垣間見れるのでは?と。


でもでも・・・色々な問題はどこでも抱えている中でもイニャリトゥ監督は「生きることは素晴らしい」と言っているのだと思います。ハッピーエンドだけが映画とは限らず、人生は色々なことがありつつ続いてきます。

« 映画「スーパーエイト」 観ました ~ネタばれあり~ | Main | 珈琲ミル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38495/52105632

Listed below are links to weblogs that reference Biutiful 感想 ~映画:ビューティフル ~ イニャリトゥ監督最新作:

« 映画「スーパーエイト」 観ました ~ネタばれあり~ | Main | 珈琲ミル »